事業内容

 日本で最初の火災報知機を設置したのは、私たちホーチキです。大正9年、東京、日本橋に設置以来、
皇居や国会議事堂、学校、病院など全国に普及しました。そして、この技術は近代防災の礎となり、
防災分野にとどまらずニューメディアやセキュリティ分野へと広がって行ったのです。

 現在では「研究・開発・製造/販売・コンサルティング/エンジニアリング・施工・メンテナンス」まで、
オールラウンドな事業活動を展開しています。